アクセスカウンタ
QRコード
QRCODE
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 1人
オーナーへメッセージ

和歌山の情報発信
ブログポータル

ログインはTOPページで
私も作ってみる


[PR]ちらし印刷選挙用品
[PR]和歌山ネットチラシ
[PR] 和歌山情報ブログでチェックイコラブログ
[PR] 商品ページ1ページからリニューアル!!楽天ヤフーOK!現在キャンペーン


2007年03月10日

メタボリックシンドローム


先日病院に行ったとき医師と話していてメタボリックシンドロームの話題になった。

全体的にそんなに太ってるようには見えない私も最近異常なほどのおなかの出方が気になってた

もちろんまだ危険な状態ではないがこのまま放置しながら年をとっていけば

危険な状態になることは避けられないかもしれない

で、色々調べていたけど・・

やっぱり生活習慣かえるしかないのよねー



生活習慣病とよばれている主な疾患に
「肥満症」、「高血圧」、「糖尿病」、「高脂血症」などがあります。


これらの疾患は個々の原因で発症するというよりも、
肥満、特に内臓に脂肪が蓄積した肥満が犯人であると考えられています。



内臓脂肪蓄積により、さまざまな病気が引き起こされた状態を
『メタボリックシンドローム』とよびます。



体のどの部分に脂肪がつくかによって、肥満は2つのタイプに分かれます。


下腹部、腰のまわり、太もも、おしりのまわりの皮下に脂肪が蓄積するタイプを「皮下脂肪型肥満」
内臓のまわりに脂肪が蓄積するタイプを「内臓脂肪型肥満」とよびます。


体形からそれぞれ「洋ナシ型肥満」「リンゴ型肥満」ともよばれているそうです。



「皮下脂肪型肥満」は外見から明らかにわかりやすいですが、
「内臓脂肪型肥満」は外見ではわからないことがあります。


内臓脂肪型肥満を簡単に調べる方法として、
ウエスト径(へそまわり径)が男性では85cm以上、
女性では90cm以上であれば、内臓脂肪型肥満が疑われます。



メタボリックシンドロームの中心的な役割を担う内臓脂肪の蓄積は、
動脈硬化や動脈硬化につながる生活習慣病を引き起こします。


メタボリックシンドロームの状態を放置しておくということは、
動脈硬化という滝つぼへと、まっさかさまに落ちていくようなもの。


恐いねー



改善するには。。。


生活習慣を変えるということですよね。
一気には無理かもしれないけど少しづつ改善していきたいですね。



なりやすい生活習慣



☆食事は満腹になるまで食べる
☆間食をよくする
☆料理に砂糖をよく使う
☆濃い味付けが好き
☆緑黄色野菜をあまり食べない
☆アイスクリームを好んで食べる
☆普段から階段を使うことが少なく、エレベーターなどに乗ってしまう
☆運動の習慣がない
☆ストレス解消にお酒を飲むことが多い
☆タバコを吸っている



多いほど危険ですよ。



私はほとんどあてはまってしまう・・
危険だ(><)



できるところから改善していかないとね。



あなたは大丈夫?

  

Posted by りりか&美柑ママ at 03:03Comments(0)健康